girls happy life

毎日楽しくhappyな生活を送りたいあなたの便利帳

*

ジカ熱は妊娠前期・後期どちらが感染しやすいの?潜伏期間は?

   

ジカ熱は妊娠前期・後期どちらが感染しやすいの?潜伏期間は?

こんばんわ!よっしーです。

リオオリンピックの開催が近づいてますね!
2016年はどんな感動が訪れるか今から楽しみです!!!

いっぽう開催国ブラジルでは治安問題や、ジカ熱の問題が未だ絶えません・・・
最近私の周りでは、出産や、妊娠ラッシュです。

妊婦さんはむやみに薬など飲めませんから、ホント注意が必要です。

今回はジカ熱は妊娠前期・後期どちらが感染しやすいのか?
潜伏期間はどのくらいかを調べて行きます!!

スポンサーリンク

【ジカ熱とは・・・】

zika-map紫で塗られてる所が感染が見つかった地域です

ヤブカ属の蚊によって媒介されるジカウイルスによる感染症である。
ジカウイルスはデングウイルスと同じフラビウイルス科に属し、
症状はデング熱に類似するが、それより軽い。

ジカウィルスに感染した人が蚊に刺され、
その蚊が他の人に刺して起きる感染症。
発熱や発疹など風疹やはしかに似た症状が現れる。

しかし感染しても気付かない内に治ってしまう事もある。
死亡率も1%に満たさないので、現在はワクチンや治療薬もありません。

1%に満たさないと言ってワクチンがないと言われると
ちょっと不安になりますよね・・・・

 

【妊娠前期・後期どちらが感染しやすい?】

main_img

妊娠中に感染して産まれた新生児は
脳の発達に遅れがみられる「小頭症」との関わりも
指摘されています。
しかし、まだはっきりしないデーターで
事例として多かったとブラジルで発表があり
確実な情報ではないんです・・・結構曖昧?!

妊娠前期・後期どちらが危険?

ブラジルの保健当局によりますと
妊娠初期の時にウイルス感染が挙げられていますが、
上記にも述べましたが、まだはっきりしておらず
妊娠中はどの期間でも注意は必要ですね。

妊娠初期はまだ安定期に入ってないため、一番は妊娠初期が
注意なのかな・・・って個人的には思ってます。

妊婦は渡航控える対策も・・・

小頭症との関連について詳細な調査結果が出るまで、
可能な限り妊婦の流行地への渡航は控えたほうがよいとする
見解を発表し世界的に大きな問題となってます。

スポンサーリンク

【潜伏期間や詳しい症状・対策は】

 

感染すると3日から12日間ほどの潜伏期間の後
○発熱38.5度以上
○頭痛
○関節痛
○発疹
○結膜炎
○筋肉痛
○倦怠感

「デング熱」に比べると症状は重くなく、
1週間程度で回復します。
また感染しても実際に症状が出る方は
4人に1人程度と言われてるので
万が一蚊に刺され上記の症状や、
身体に異変を感じたら医療機関へ行く事です。
日頃から虫よけスプレーや、
蚊が多い場所での服装に工夫など
蚊に刺されないように心掛けましょう。

空気感染の事例は出てませんが、
感染者からの唾液から感染したと事例が報告されました。

【まとめ】

デング熱に比べると、症状はかなり
軽く大事には至らないけど、
妊婦の方はかなり深刻な問題です。

妊娠前期・後期は関係なく、万が一渡航を考えてるなら
長袖・長ズボンで虫に刺されない対策を万全にして行くか
出来るならば、行く事を避けるといいでしょう!

私も現在妊活中であるので、人事には思えません。。。

妊娠中のお友達にも話してみようと思います!

【ジカ熱は妊娠前期・後期どちらが感染しやすいの?潜伏期間は?】でした!

最後までお読み頂きありがとうございます!

スポンサーリンク

おすすめの記事

 - 生活